necfuture - NorthEastCorridorの未来

働くって何だろう?ぼくたちわたしたちのみらいとfutureを考える日記

本屋で働きたいなら知っておこう!本屋バイトの仕事まとめ

 

【2018年6月7日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。

あなたは本屋でバイトをしてみたいと思ったことはありますか?ありとあらゆるジャンルの書籍や雑誌が揃っていて、まるで世界の縮図です。

そんな世界中の知識や情報が詰まった本屋って、ちょっと働いてみたくなったりしますよね。最新の情報が集まってくるからトレンドにも敏感になれそうだし。

 

本屋と言えば、最近よく話題になるのが、「店員おすすめの~」といった書店員さん手書きのポップですよね。話題の新刊や売り上げを伸ばしたい本にスポットを当てて、本屋の店員が真剣に書き上げた渾身のポップがお店の売り上げを左右する部分もあるようです。

カリスマ的書店員がインタビューを受けたりしているのをテレビで観たことがあります。本当に上手なポップを作られていて、そのポップを読むとついつい買いたくなってしまう気持ちはわかる気がします。

 

もし、あなたが本屋でバイトをしたら、才能が開花し、有名な書店員になっちゃうかもしれませんね。

わたしの場合はしがないごく普通の書店員でしたけど。。。(/_;)

ただ、本が好きだったので働くのはとても楽しく、本屋でバイトして良かったと今でも思っていますし、とても良い思い出として印象に残っています。

 

え?本屋でバイトしてみたい?

 

そこまで言われては仕方がありませんね。(言われてない)

本屋でのバイトをお探しならこちら♪(お祝金5000円のチャンス)


いや、違うんですよ。今回は本屋でバイトをしてみたいあなたのために、本屋というものを大公開!しようと思ってたんですよ。
これを読めば明日からでも本屋でバイトができちゃう!かも知れませんよ。

 

本屋の仕事ってなにするの?

本屋でバイトしたいという気持ちが芽生えたあなた、とっても素敵だと思います。ですが、本屋でバイトをし始めたら、具体的にどんな仕事をするのか、頭の中はまだハテナマークでいっぱいですよね。

 

そこでまず、本屋バイトのおおまかな仕事内容を載せておきます。

  • レジで精算
  • お客様がお探しの本の在庫確認
  • お客様のお探しの本を見つけ出す
  • ブックカバーをつける
  • 図書カードの販売
  • 定期購読の受け付け
  • ラッピング
  • 棚の整理や掃除
  • 品出し

 

もっとも多い仕事は、ブックカバーをつけるところまでですね。どの本屋バイトも基本的にはレジでの仕事が多いのではないかと思います。

わたしが働いていた本屋は大きい本屋だったので、レジがとんでもなく忙しかったです。めまぐるしく入れ替わるお客さんたち、長蛇の列は当たり前でした。

 

うん、うん、わかります。そんなことを聞くとできるか不安ですよね。

大丈夫!

わたしにできたんですから(根拠なし)

まぁでも、忙しさはお店の規模にもよりますから。そんなに心配せずとも優しい先輩バイトがいろいろと教えてくれますよ~。

 

では、このあとでいよいよ本屋バイトの仕事について掘り下げていってみたいと思います。

レジ精算と同時にこなすブックカバー

わたしも本屋でバイトしてみて改めて気付いたことがありました。そういえば本屋で本を買うと、ものによってはブックカバーを付けることができますよね。

ブックカバーのサービスは本屋によってまちまちですが、わたしが働いてた本屋にはありました。

 

わたしの体感では、ブックカバーを付けて欲しいと伝えてくるお客さんは5~7割ほどだったと感じています。あくまでブックカバーを付ける対象の書籍やコミックが対象のお話ですが、その多さの驚いたのを覚えています。

わたしがお客さんの立場の時は、ブックカバーを付けることにそんなにこだわりはなかったので、その時の気分で決めていたくらいでしたが、こんなにも多くの人がブックカバーを付けたがることを知れたのはいい経験でした。

 

ブックカバーをつけるタイミングは?

そうですね、ブックカバーは基本的にレジでの精算時と同時にこなす作業になります。初めからブックカバーが付いていたら、本のタイトルすらわからないですから、レジでブックカバーを付けることになります。

ただ数の分、ブックカバーを渡すだけのお店もあれば、その場でブックカバーを付けるサービスをしているお店もあるようですね。わたしの場合は後者です。

 

話を戻しまして、ブックカバーはレジ精算と同時に行う作業になるので、初めは少しテンパってしまう人が正直多いです。

ただでさえレジでのお客さんとのやり取りだけでこんがらがってしまうのに、さらにブックカバーを素早く付けなければいけないとなると確かに大変そうですよね。

 

もちろん慣れてしまえばなんてことない作業ですが、初めは少し大変なのかな、くらいの心構えはしておくと、本番で焦ることなく対応できるのではないでしょうか。

 

これが本屋バイトの隠れ大仕事 ~書店員、本を探す~

本屋のバイトって、ただレジに立って本を売っているだけだと思っている人はいませんか?実際にその時間が多いのは確かです。ただ別でもうひとつ、大きな仕事があるんです。

 

それは………本を探すこと!! です。

 

実は本屋って扱っているアイテムの種類がものすごく多いんです。ジャンルで分ければだいぶ絞ることはできますが、ジャンルを探しにくるお客さんはいないので。

お客さんはピンポイントで目的の本を探しに来ます。ですが本屋はたくさん本が並んでいるので、在庫が1冊しかない本を探すのは本当に大変。

 

本屋で売り場を作るのは基本的に上の立場の人になります。社員がほとんどでしょうが、なかにはベテランバイトに売り場づくりを任せるケースもあります。

 

ですから基本的にバイトは本が置いてある場所をある程度しか把握できないんです。だって考えてみてください。レジに多くいるわけですから、日々変わる売り場の状況がわかるわけがないんです。

 

ですがお客さんからしたらそんな事情は関係ありません。バイトでも正社員でもスタッフはスタッフです。本の在庫があるのか、その本はどこにあるかを聞かれることは1日に何度もあると思っておいてください。

ではどうしたらいいか不安になっちゃいますよね。確かに初めはわけがわかりません。迷路の中にいるような感覚です笑。

ただ、多く問い合わせを受けるということは、それだけレジから売り場に出る機会に恵まれるということです。お問い合わせをたくさん受けることで、売り場の状況を知ることができ、次の問い合わせに活きてくるのです。

それに、書店員専用の検索機もあるお店だってありますから、戸惑うのは初めだけ。最初が戸惑うのはバイトの常ですから、どこのバイトにもある戸惑いの範囲だと思ってください。

本を探すことがそんなに多いとは驚きでしたか?本が見つかった時のお客さんの喜ぶ顔を見たら、きっと本屋バイトがもっと好きになると思いますよ。一緒に喜び合うこともよくありましたから。


POP作り

書店なんかにPOPが置いてあると「あ、おしゃれ!」「なんだこりゃ笑」なんてつい見ちゃうようなPOPありますよね。POP(Point of purchase advertising)はお客さんへの購買促進が目的で、「これ!!」って目立たせるためにあります。(しってるか笑)
でも、私のところはバイトはやらなかったですね。社員さんが考える時もあれば、そもそも出版社から本と一緒に送られてくるのをそのまま書店に並べるということもあります。漫画本や小説のところにおいてあるような小さなものから、今週のベストセラー!!TOP5!!のような大きなPOPを作る店もあります。(自分のところはなかったですが…)


 

図書カードの販売

予想外の仕事がもうひとつ、それが図書カードの販売です。確かに言われると本屋で売っているな、とはなるんですが。本屋でバイトをしようと考えるときには思いつかない人が多いと思います。

 

図書カードって入学祝いなどにも使われますし、意外に需要は多いんですよ?ですから図書カードの販売を求められることもあって、その対応も本屋バイトの仕事なんです。

 

本屋に限らず、イレギュラーな仕事ってあると思うんですよね。本屋の場合、そのひとつが図書カードの販売です。

図書カードと言えば、あなたはどんな絵柄を思い出しますか?ピーターラビットの絵柄の図書カードがやはりメジャーでしょうか。

 

子供の頃、本が好きだったわたしは、図書カードをもらうとすごく興奮したのを覚えています。

もしどなたかに商品券的なものをプレゼントするなら、図書券は意外とおすすめですよ。

 

あ、

本が好きと言ってもそんなに真面目な本を読んでいたわけではありませんよ。主に漫画を買っていました。ははは。

 

定期購読の受け付け

本屋のバイトってなんだか複雑そう、そう思っていませんか?いえいえ、そんなことはありません。仕事ですから多少覚えることはあります。

定期購読についても本屋バイトが対応することが多いのではないかと思います。

 

定期購読とはそもそもなんなのか、わからない人のためにも説明しておきます。定期購読は定期刊行されている一部の雑誌やムックなどで取り入れられているシステムです。ムックについてはのちほど説明します。

つまり廃刊やシリーズが終了するまでは、定期的に発売される本になるので、あらかじめ定期購読希望者の本を別途確保しておこうというシステムなわけです。

 

デアゴスティーニなどのシリーズが定期購読の代表例ですね。お客さんは本屋に定期購読の希望を出しておくだけで、お店が次号もその次の号も、きちんと確保しておいてくれるのです。

本屋バイトは、その定期購読の受け付けをしたり、定期購読分の本を購入しにきたお客さんの対応もします。

 

え?定期購読する人っているのか?

 

もちろんいます。自分で本を持ってくる手間がないだけでなく、売り切れの心配もありませんから、定期購読はおすすめですよ。

あなたが本屋バイトをすることがあれば、ぜひ定期購読をおすすめしてみてはいかがですか。

 

 

クリスマスが繁忙期

本屋とクリスマスってイメージが結びつきませんが、年間でもっとも忙しくなるのが12月と言っていいでしょう。

本屋には絵本があります。この絵本がお子さんやお孫さんへのクリスマスプレゼントとして大変人気なんです。

絵本は12月に爆発的に売れます。それに伴い、12月に入ると本屋はあわただしくなっていきます。クリスマス直前がピークになるので、お店によっては派遣バイトを雇うこともあるとか。

わたしもクリスマス前はひたすらラッピングしていましたね。

 

ラッピング………?

 

そうなんです。12月に絵本を買われるお客さんはたいていがプレゼント。当然、ラッピングが必要ですよね。このラッピングも実は本屋バイトに求められる仕事のひとつなんです。

ラッピングなんてしたことないよぉ

という人も多いはずです。普段からラッピングをします、なんて人そうそういませんから。

 

クリスマスに限らず、誕生日やその他のお祝いごとにも本をプレゼントする人はいますから、ラッピングは年間を通して行う仕事です。

ただ、12月は異常にラッピングします。ひたすらラッピングばかりしていた日もありましたね。そして途中からこだわりが生まれ、包み方にうるさくなったりもします。(*^_^*)

 

覚えておきたい業界用語

本屋では当たり前に使われる「ムック」という言葉、それから「ISBN」、知らない人はさっぱりですよね。まるで呪文です。

それからシュリンク、これも聞き慣れないですよね。

一体なんだと思いますか?

 

ムックというのは実は、「雑誌」や「書籍」と同じように本の種類のことなんですね。雑誌のようでもあり、書籍のようでもある、そんな両方の要素を持った本こそが「ムック」なのです。由来はMagazineの「M」とBOOKを合わせ、ムックとなったそうです。ムックという種類の本があることを知っておくことは有利だと思います。(最近では女性のファッション誌に多いみたいです。)詳しく知りたい方はこちらに載ってます。

 

次に「ISBN」です。ISBNとは世界共通のもので、書籍につけられたコードです。それぞれがオリジナルのコードになるので、書籍を特定することが可能です。

本屋で書籍の裏を見てみるとISBNと記されたナンバーとバーコードが必ずありますので、興味がある人は調べてみて下さい。さきほど述べた、本の検索に絶大な威力を発揮します。
(ちなみに雑誌にはISBNコードはついていません。)

 

続いては「シュリンク」ですね。あなたは漫画を本屋で買ったことがありますか?本屋で漫画を見るとビニールに包まれていますよね?

あのビニールがシュリンクです。

実はあれ、本屋さんがつけているんです。取次さんから届いたコミックを裏でせっせとビニールで覆っているんです。機械でやるので作業自体はとても簡単です。

 

これらの知識は本屋でバイトしたいのであれば、覚えておくといいでしょう。

 

 

蔦屋書店でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?
A1:蔦屋書店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2016年3月~2017年1月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:時給810円ですが、10時以降になると深夜手当てがついて1000円前後になりました。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:基本的にシフト希望は月に1度提出するのですが、希望の休みがあれば事前に通知しておくことで休みにしてくれました。但し、それは私が学生であったということを考慮してのことであり、基本的には学業優先でした。学生でなかった場合、休みの融通は利きにくい様子でした。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:レンタルコーナーのレジ打ちや品出し、会員情報の整理やお客様対応等のレンタルコーナー全般の仕事を担当しました。その他、流行りのレンタル商品は何なのかの把握、どこに置いてあるのかの把握といった直接業務に関係する勉強も、仕事内容といえるでしょう。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:常にお客様を優先しつつも数々の業務を担当しなければならなかったので、基本的には常に忙しかったです。特にお客様対応ではマニュアル通りに対応できる場合の方が少ないので、相手が何を求めているのかを意識し、最善のサービスを提供するため精神的にも厳しい面もありました。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係は良好でした。ベテランのスタッフが多く、自分がミスしてしまってもすぐにフォローしてくれます。また、一つ一つの業務を丁寧に繰り返し説明してくれるため、仕事面の不安は解消されました。スタッフの誰にでも、気軽に相談できる空気でした。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:サービス業ということでコミュニケーション能力の面は大きく成長することができました。人と話すときに緊張しがちだった私でも、人と話すことが得意になることができました。言葉遣いも指導してくれるため、正しい丁寧語を身につけることもできます。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:同じ店内で買い物するときに、スタッフだと少しだけお得に買い物することができました。時期毎に定期的に出展しているテナント様のお店での買い物にも適応されました。レンタル商品は新作であっても安くレンタルできました。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:ある程度の知識や働くための技能が身に付いてくると、接客にも余裕ができるため比較的楽しく働くことができました。特にお客様へのサービスが満足してもらえた時はやりがいを感じることができ、接客が楽しくなってきます。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接で聞かれたことは、志望動機と、週にどれくらいの日数働くことができるのかという簡単なことでした。また、雑談も多く基本的なコミュニケーション能力も見られていたと思います。志望動機に対しては、質の高いサービス精神を身に付けたいということと、日頃からこのお店を利用させてもらっており、このお店が好きであったということです。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:服装は支給された制服を着ます。髪の毛は黒か薄い茶色で、靴とベルトは黒。腕時計の色は黒や銀色といった目立たないカラーで指定され、業務中に使用するメモ帳やペンの見た目も黒等の色で指定され、店内のスタッフの格好が統一されるようになっていました。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:学生であったため学業上やむを得ない理由があった場合は基本的に希望通りの休みが取れました。しかし、そういった理由がない場合は、比較的忙しい職場ということもあって休みは取りにくい印象でした。特に大型連休は中々取りにくかったですが、大型連休の後に代わりとなる休みはもらえました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:ベテランスタッフも多かったのですが、学生等の近い年齢のスタッフも多かったため、無理をすれば出会いや恋愛の機会はあったと思います。しかし業務中は基本的に忙しく会話を交わす余裕もなく、休憩時間もバラバラになることが多いため、簡単に恋愛の機会を得ることは難しいです。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:暇である場合の方が稀で、基本的には常に何かしらの業務に追われているので忙しい仕事です。時間帯にも寄りますが、どの時間においてもやらなければならない仕事や、翌日の負担を軽減するためにやっておきたい仕事などが沸いてくるため、忙しいです。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:元々人と話すことが苦手であった私にとって、コミュニケーション能力が身に付いたこと、人と話すことが得意になったという点では働いて良かったと思います。また、映画や音楽についても詳しくなれるため、自分の趣味の範囲が広がった点でも良かったです。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:元々私の課題であったコミュニケーション能力を身に付けようという自分なりの目標があったため、働くモチベーションを保つことができました。また、辞めた理由としては、学業との両立が難しくなってきたということと、他にやってみたいことがあったということが挙げられます。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:がっつり働きたい、コミュニケーション能力を身に付けたい、といった人にはオススメできるバイト先です。忙しい職場なので数々の大変な業務はありますが、確実に将来のためになる能力・技能を身につけることができます。逆にまったりと働きたいという人にとってはオススメできないです。

 

まとめ

本屋のバイトってインテリな感じがして憧れませんか?わたしは憧れました。実際働いているバイトはスポーツ系というよりは文化系のタイプの人がほとんどでした。わたし自身も文化系なので、とても憧れはありましたね。

ここまで本屋バイトの「知られざる?真実」を伝えてきましたが、興味は持てましたか?わたしは本屋のバイトがすごく好きだったので興味を持ってくれたら嬉しいです。

本屋にはいろんなジャンルの本があるので、芸能好きな人には芸能雑誌やファッション誌、漫画好きな人にはコミックといったように、必ずテンションがあがってしまうコーナーはあるはずです。

ここまで読んでみて興味が少しでもおありなら、ぜひ、本屋バイトに応募してみて下さいね。

 


【ライタープロフィール】


名前:chocomint
バイト経験:コンビニ、書店、居酒屋、パチンコ店、コールセンターなど。
趣味:スマホゲーム、映画鑑賞
最近は動画サイトで猫の動画を見るのに絶賛ハマり中です。