necfuture - NorthEastCorridorの未来

働くって何だろう?ぼくたちわたしたちのみらいとfutureを考える日記

2月6日今日のバイト日記(運転代行)

随伴車←(後ろを走る代行会社の車の事)にとって、恐怖とはなんでしょう?

 

そう、それは客車とはぐれてしまう事です。

 

客車を運転しているドライバーと連絡のやり取りは《トランシーバー》を使っています。

障害物の有無によりますが、50m位なら交信ができます。

でも車に乗っていれば50m何てあっと言う間に離れてしまいます。

 

一時停止などで、一般車を間に挟んだら1台後ろにいます!!」とこまめなコミュニケーションが必要になるのです。

 

でも入りたての頃、手際が悪くいつの間にかはぐれてしまう事もありました。

 

「ど、どしたらいいねん・・・」

もう完全頭真っ白ですよね・・・

 

すると、本部←(各車にどこに行け!と指示だしてる人)から電話が来て、「今客車はどこどこだから、オチアッテ♪」と教えてもらえます。

 

「助かった~( ´∀`)

 

そんな事は滅多にありません。

大体前の客車を運転しているドライバーさんは、後ろの随伴車を気にしながら走ってくれます。

 

客車を運転しているドライバーさんは、慣れないお客様の車で、しかもお客様も乗っている「お前ぶつけるなよ!」と言うプレッシャーの中で運転し、しかも随伴車にも気に配るもう本当に偉大です!!

 

今では私も3年勤めているので、新人さんと良く組むことがあります。

慣れていないので、どんどん先に行ってしまったり、後ろからナビゲーションのように、「次の信号を右です、その先しばらく直進です」とトランシーバーで伝える事もあります。

 

「もう何回も教えているだろ”(-“”-)”

と慣れてくるとブラック春がでそうになりますが、初めからできる人はいない!

ナイストライッ!!と言える自分であり続けようと思います!!

 

日記に書くと改めて気合いが入りました!!

日記っていいね(^^)/