necfuture - NorthEastCorridorの未来

働くって何だろう?ぼくたちわたしたちのみらいとfutureを考える日記

30代の転職でキャリアアップしたいなら転職エージェントを有効活用しよう!


30代というのは社会人生活において非常に重要な時期となる方が多いかと思います。一定程度経験値が蓄積し、人によってはマネジメント層に足を踏み入れている。或いは自分にしかない強みを獲得して年収の上昇ペースが20代のころと比べて加速した方もいらっしゃることでしょう。一方で「このまま一生同じ会社でいいのか」「もっと自分を高く評価してくれるところがあるんじゃないのか」と自身のキャリアについて悩み始める方も多いのではないでしょうか。

私は今30代前半にあたる年代ですが、すでに2度の転職を経験しております。ちょうど2度目の転職が30歳になったころで、コンサルファームから金融業への転身を遂げ、「一般的には30代になるとハードルが上がる」と言われる異業種転職に成功しております。今回は自身の経験も交えながら、「30代の『転職によるキャリアアップ』の方法」について書いてまいります。

 

 

①30代の転職では「転職エージェント」の上手な活用が鍵!

30代の転職でまずオススメしたいことは、特殊なコネクションやダイレクトなヘッドハンティング等がない限りは「転職エージェント」をしっかりと活用することをお勧めします。転職エージェントはただの求人サイトとは違い、以下のようなことを基本無料で実施してくれます。
転職の希望条件のヒアリング
希望条件にマッチした応募候補先の提案
応募先企業の面接時間等アポイントの調整
面接や応募書類の準備サポート
内定後の給与交渉
これらを無料で行ってくれる非常にありがたい存在なのです。

30代になると、社会人としての経験、プロフェッショナルなスキル、また30代後半になれば一定のマネジメント経験等高いレベルのスキルが内定獲得に要求されます。そもそもこれらの何かしらを保有している必要があることは前提なのですが、仮にスキルがあったとしても、「自身が保有しているスキルを余すことなく初対面の面接者や書類の上でアピールする」ことは皆さまが想像している以上に難しいのです。その点、エージェントは転職のプロフェッショナルですから、多くの転職希望者よりこうした面について有用なアドバイスができるものと思われます。エージェントとの綿密な書類作成や面接準備により、あなたの面接通過率は飛躍的に向上すると思います。

また、優秀なエージェントやのちにご紹介する「専門系エージェント」は自身の親密先企業を数多く保有していたりもするようです。これらエージェントからの紹介者は企業側も「あのエージェントが推薦するのだから優秀だろう」とし面接を通しやすくするみたいです。この効果が働くかどうかはエージェントとの「出会い」によるところもありますが、逆にエージェントが入ることで不利になることはあまりないでしょうから、まずはエージェントを活用した転職活動の実施をオススメします。

 

②30代転職希望者に求められる絵転職エージェント選球眼

さて、30代の転職においてはエージェントの選び方もポイントになってきます。かつてより転職市場が活発化してきた近年は転職エージェントもかなりたくさんのものがございます。ここではエージェントを大きく3つに分類しながら、それぞれがどのような方に推奨されるのか簡単にご説明したいと思います。

②-1:総合型エージェント

リクルートエージェント、DODAエージェントといった所謂「大手求人サイト」のプラスアルファのサービスとして展開されているもの。多様な業種・職種の案件を常時抱えており、様々ニーズに対応可能であることが強みです。私も今回の転職の際、当初はこうした総合エージェントにも相談をしたことがありました。

一方、難点であるのはキャリアアップに目をぎらつかせている30代ビジネスマンが望むような、「プレミアム」「高収入」な案件はなかなか見つからないこと。時々出ては来ても難関案件であるため、これらエージェントの力があまり作用しないことです。(それでも合格するかたは本当に能力の高い方だったということだと思います)私も後程自身の経験談を書きますが、最終的に内定に至った時にお世話になったエージェントはこうしたタイプではありませんでした。総合型エージェントはとにかく「広く浅く」ですので、ハイエンドの求人になるほどその恩恵を受けられない傾向にあるのです。

②-2:ハイクラス特化型エージェント

一つ目よりもよりレベルの高い転職求人に特化したエージェントが近年は増えてきている印象です。ビズリーチが特にこのエリアで強い印象ですが、上記の大手総合サイトでもDODAエグゼクティブ、リクルートキャリアカーバーなどといったハイクラス人材専用の
エージェントサービスを行っているところもあります。これらは会員になるのに一定の年収要件等が必要な場合、月額費用が発生したりする場合もありますが、会員に一定の制約がかかっている分、より良質でレベルの高い求人案件が多く見つかります。またエージェントもハイクラス人材の転職に特化しているため、より難関である書類審査や面接についてもためになるアドバイスを享受できます。
 
これは私の印象ですが、どちらかというと中間管理職に差し掛かっていて、「マネジメントスキル」を生かせる転職希望者はこうしたハイクラス特化型エージェントが推奨されるように思います。業種に特化していないハイクラスとなると、自ずからマネジメントクラスの転職案件が豊富になるからです。一方、特定のスキルをもった「プロフェッショナル型人材」向けの案件もないわけではないですが、そのスキルを活かすフィールドが決まっているのであれば、後続の「業界特化型」の方がいい案件に出会えるかもしれません。

②-3:業界特化型エージェント

3つ目は一定の業界に特化したエージェント。例えばコンサルファームであれば「エグゼクティブリンク」「ムービン」、金融業であれば「コトラ」など、特定の業種に強い転職エージェントが数多く存在します。私も今回はこちらのタイプのエージェントによって最後は内定に至ったわけですが、これらはフィールドの業種が決まっているので「その業種にはめっぽう強い」ことが特徴です。

希望する業種が明確になっている人は(そもそもそういう信念を持った人は転職に強いのですが)このタイプのエージェントを効率的に活用することで、自分が思い描いていた通りのキャリアを描ける可能性がぐっと上がります。また、業界特化しており、各エージェントの付き合いのある企業が少ない分、企業の採用側とのコネクションが強い傾向にある点も心強いです。自分の行きたい先が特に明確になっている方はこのタイプのエージェントをおススメします。

 

③:私の転職体験談。金融特化エージェント「コトラ」活用による転職成功事例

 さて、この章ではここまで転職エージェントについて紹介してきた私自身の転職事例をご紹介したいと思います。冒頭書きました通り、私はこの転職が二回目。30代になってコンサル→金融の転職を実現しました。

 転職が成功かどうか、は人それぞれの感性の問題だと思っておりますが、当初想定通りの
業種(ちなみに投資銀行部門)、年収アップ、その後の経過も順調であるため、私自身は大成功の転職であったと考えております。

私の前職は外資系コンサルファームにいたのですが、コンサル特有の働き方に戸惑う中自分が思うようにバリューを発揮できずに悩んでいました。また年収も、そうした苦しい状況の中、決して高いとはいえず、かつ苦戦する業績を背景に減給リスクを抱えている状況でした。30歳にさしかかり、このままでは思うような成長が見込めない、また年収も少ないと感じた私は思い切って転職することにしました。外資系=給料が高いとやや安易に当時の貴社を選択していた私でしたが、今回は給与が高い一方、案件が多く成長チャンスも多いであろう、日系の投資銀行部門に的を絞りました。

日系の投資銀行部門の案件は、一般的な求人サイトではあまり見つけられず悩んでいたのですが、ふと地下鉄のコンコースに掛かっていた広告に目が留まりまし。これがこの転職の際に最も活用した金融特化エージェント「コトラ」でした。コンサル特化型のエージェントはいくつか知っていましたが、金融型もあるんだ、と思い、さっそくスマホからこのエージェントに登録しました。その日中に先方からは連絡が来て、近いうちにエージェントとの面談となりました。希望条件をお伝えしたところ、すぐにオススメ案件がいくつも出てきました。やはり金融業態の転職市場のことはとてもよくわかっているし、豊富な案件があり条件に合った求人をすぐに見つけやすい、そんな印象を受けました。

応募先を3つほど絞りました。この時点で「①チャレンジングな案件」、「②相応の案件」「③むしろ自分をとても欲しがっている案件」の3つを明確にエージェントは識別しているようでした。応募後は書類の準備をいたしましたが、今回は外資系ではなかったこともあり、「なぜコンサル→投資銀行か?どんなふうに自分は投資銀行で役に立てるのか?」というところに直近のコンサルプロジェクトと投資銀行ビジネスそれぞれでの働き方で通じるところを確認しながら整理しました。また、面接の準備もこの書類を見ながら進めました。書類提出後にすでに面接対策を開始しました。

結果として書類はすべて通り、3件の面接を開始するに至りました。驚いたのはその後の経過が見事にエージェントの目論見通りで、①は面接途中で不採用、②は最終的に入社した会社でスムーズながらしっかりと面接を受けた形。③は非常に引きが強く、一次面接の翌日に先方の役員層から連絡があり、面接開始たった2日目で役員面接に進みました(もちろん内定)。自分がどのように投資銀行に貢献できるのかエージェントと打ち合わせた内容を参考にしながらスムーズに回答できました。①の会社以外には非常に好意的に受け取られ、これが奏功したのかそれ以外は引っかかるような質問もなく、内定にたどり着きました。たった3社の受験で2社も内定をもらえたのも、エージェントともに案件を厳選した効果だと思っております。

 

④:転職エージェントを活用し30代でも自分の目指すキャリアを実現

私はその後も、順調に投資銀行部門でのキャリアを継続しております。最近はディールを主導する立場になる案件も出始めており、着実に自分の経験値・スキルがたまってきている状況を実感しており、非常に成功した転職活動であったと感じております。

私の場合は「業界特化型エージェント」を活用した例でした。さすがに30歳そこそこではマネジメント経験はない、また行きたい業種が明確化しているという点から、先ほど紹介したパターンの中では業界特化型エージェントにもっとも合致してたと感じました。エージェントへの登録を決めたときはそこまで考えていたわけではありませんでしたが業界特化型エージェントという選択が今回のスムーズかつ大成功の転職活動に寄与したと思っております。

今現在のキャリアにお悩みの30代の皆様、一度自分のスキルやキャリアを見つめなおしてみてはいかがでしょうか。もしそのなかで自分の強みや志向がある程度定まっているようでしたら、そのスキルによりハイクラス特化型や業界特化型のエージェントに相談し見ることをおススメします。また、そこまで明確化していない・・・そもそもそこまでスキルがない気がする・・・という方もあきらめるのは早いでしょう。30代までキャリアを継続していれば多くの人は、自分も気づかないうちに転職の武器になるスキルが身についているものです。まずは一度総合型のエージェントに相談してみて自分のスキルや志向を整理していくのも一考です。



エージェントは、守秘義務をしっかり守りますので、例えエージェントに相談して実際には面接を受けない、ということも全く問題なく可能です。実は私は20代のころにはありますが、一度エージェントに相談したものの転職活動の本格化をいったんあきらめた時期がありました。その際自分が働いている会社や労働環境に悪影響があったことは一切ありませんでした。皆様も、ちょっとキャリアに疑問を抱いているようだったら、漠然とキャリアアップを志向しているだけの人も、まずは気軽にエージェントに相談してみるのも良いでしょう。彼らとの会話の中で自分の方向性が見つかることも多々あると思います。